プログラミング

【独学で稼ぐ】プログラミングの勉強法は?3つの方法を紹介(無料あり)

独学プログラミング勉強法3つの方法


焦る男性

プログラミングできるようになりたいけど、あんまりお金はかけられないなぁ。
独学でプログラミングを身につける勉強法は?


こんなお悩みを解決します。

記事の信頼性

当サイトの管理者「つげお」は、プログラミング未経験からWeb業界でプログラマー(Ruby on Rails)として6年勤務しています。

世の中のIT技術の発展に伴い、プログラミングというスキルが重要視されてきています。

2020年4月からは小学校でプログラミングが必修化するほど、政府もその重要性を認めていますね。


やる気男性

よし!自分もプログラミングを勉強するぞ!


と意気込んで学習を始めるも、独学ではまったく続かずに挫折する人が続出するのがプログラミングです。

  • 学習方法が合っているのか分からない
  • エラーが解決できない
  • そもそも開発環境が作れない
  • 英語が読めない

など、挫折の原因は多々ありますが、やはり独学での勉強法が分からないのが1番大きいです。

本記事ではプログラミングを独学で身につける勉強法をおすすめ順に3つ紹介していますので、是非実践してみてください。

独学プログラミング勉強法その1〜Udemy〜

Udemyトップページ

それでは早速、独学プログラミング勉強法を私のおすすめ順に紹介していきます。

最初に紹介するのは、動画で勉強できるオンライン学習プラットフォームのUdemyです。

Udemyの特徴

Udemyはアメリカ発のオンライン学習プラットフォーム(ネット上で勉強できる)で、日本では株式会社ベネッセコーポレーションが運営しています。

特徴は何と言っても講座の多さで、なんと10万を超える講座が用意されています。

講座は受講料を支払うことで閲覧・ダウンロードができるようになり、1度買ってしまえばいつでも閲覧することができます(買い切りタイプ)。

様々なカテゴリーの講座が用意されているので、学びたいコースが見つかるはずです。

  • 開発
  • ビジネススキル
  • 財務会計
  • ITとソフトウェア
  • 仕事の生産性
  • 自己啓発
  • デザイン
  • マーケティング
  • 趣味・実用・ホビー
  • 写真
  • ヘルス・フィットネス
  • 音楽
  • 教育・教養

上のリストは大きなカテゴリーの項目なので、さらに細かいカテゴリーに分岐しています。

Udemyのメリット・デメリット

Udemyのメリットとデメリットを確認していきましょう。

Udemyのデメリット

  • 講座の料金が高い
  • 質の低い講座が存在する

順に見ていきましょう。

講座の料金が高い

講座の中には無料のものもありますが、10,000円以上の講座が多いです。

プログラミング関係は24,000円の講座が多い印象を受けます。

買い切りなのでいつでも見られるとはいえ、技術書(3,000円)に比べるとどうしても高いですね。

質の低い講座が存在する

Udemyの講座は、講師登録をすれば誰でも販売できます。

内容も講師によって様々なので、ハズレ講師の動画を買ってしまう可能性もありますね。

ただ、Udemyには30日返金保証制度がついているので、講座に満足できない場合は返金してもらえます

さらに講座の評価も確認できるので、購入前によく確認しておきましょう。

Udemyのメリット

  • 動画で学習できる
  • 講師に直接質問できる
  • 定期的にお得なセールがある

順に見ていきましょう。

動画で学習できる

Udemyは動画で学ぶスタイルです。

技術書だと途中のコードが省略されていたり、ツールの説明が省略されていたりで初心者に優しくありません。

その点動画では

  • 使用しているツール・アプリ
  • コードの書き方
  • 実際の動作確認

を動きとして確認できますし、必要に応じてスロー再生や一時停止ができるので、開発の一連の流れが掴みやすいです。

講師に直接質問できる

Udemyの講座を購入すると、販売した講師に直接質問することができます。

独学で勉強中に、うまく動かない箇所を質問することで解決策を提示してもらえるため、比較的挫折しづらいです。

また、他の購入者がした質問と講師の返信も確認できるので、同様のエラーで悩んでいる人がいたら参考にできます。


つげお

私も講座をいくつか購入して質問したことがありますが、遅くても翌日には返事をもらえましたよ。


定期的にお得なセールがある

Udemy最大のメリットがセールです。

季節のイベントなどに合わせて講座のセールが行われます。

その割引額が驚愕で、最大で95%OFFです。

24,000円の講座が1,200円とか1,400円で売り出されるので、講座を買うなら絶対にこのセールのタイミングに買いましょう

  • 新春セール
  • バレンタインセール
  • カーニバルセール
  • 新年度準備セール
  • 新年度セール
  • サマーセール
  • 世界教師デーセール
  • ブラックフライデーセール

などなど、ほとんどの期間でセールを行なっているので、ウォッチするようにしましょう。

さらに詳しい情報(メリット・デメリットやセールについて)はこちらの記事でも紹介しています。

Udemyでおすすめの動画(言語別)

たくさんあるUdemyの講座の中から、IT分野で初心者におすすめの講座をいくつか紹介します。

HTML・CSS・javascript(ホームページ作成)

Udemy フロントエンドコース

ホームページ作成コースを確認する

Ruby on Rails(webアプリ)

Udemy Ruby on Railsコース

Ruby on Railsコースを確認する

Swift(iOSアプリ)

Udemy iOS13コース

Swift(iOSアプリ)コースを確認する

Kotlin(Androidアプリ)

Udemy Kotlinコース

Kotlin(Android)コースを確認する

Unity(ゲーム)

Udemy Unityコース

Unity(ゲーム)コースを確認する

Git(バージョン管理)

Udemy Gitコース

Git(バージョン管理)コースを確認する

独学プログラミング勉強法その2〜技術書・参考書〜

プログラミング技術書

次に紹介するのは、最もオーソドックスな独学勉強法の「技術書・参考書」を使った写経です。

どんな本を選べばいいの?

世の中にはプログラミングに関するたくさんの技術書が出ています。

論文のような堅苦しくて難しいものから、手順通り進めていく入門書まで様々です。

初心者の場合、入門書でも何が書いてあるのかさっぱり理解できません。

なので、手順通りにコードを書いていって1つのアプリを作り上げるような参考書を選びましょう

サンプルファイルをダウンロードできるものだと、公式と自分のコードを見比べられるので良いです。

どうやって勉強を進める?

まずは参考書通りに手を動かしてアプリを作ってみましょう。

途中で出てくる文法の解説なんかは流し読みでも大丈夫です。

最初は理解するよりも動かしてみて、プログラミングをする感覚を掴むのが大切です。

1周して終わりではなくて、2周3周とやってプログラミングを身につけましょう。

  • 1周目 → とりあえずアプリを作って動かしてみる
  • 2周目 → 文法の意味を理解する
  • 3周目 → +αの機能やデザインを追加してみる

という感じで周毎にテーマを設定して取り組むと上達しますよ。

技術書・参考書で独学するメリット・デメリット

技術書・参考書のメリットとデメリットを確認していきましょう。

技術書・参考書のデメリット

  • 情報がアップデートされない
  • かさばる

順に見ていきましょう。

情報がアップデートされない

本は買い切りですが、オンラインのサービスと違って内容のアップデートがされません。

プログラミング言語にはバージョンがあり、月日とともにバージョンアップされていきます。

新しく本を購入しても、2、3年後にはすでに古い情報になっているということがよくあります。

かさばる

技術書・参考書はけっこうなページ数のものが多いです。

持ち運ぶにはちょっと邪魔ですね。

最近では電子書籍でも出版されているので、かさばるのが嫌な人は電子書籍で購入しましょう。

技術書・参考書のメリット

  • タブ・アプリの切り替えがいらない
  • オフラインでも勉強できる

順に見ていきましょう。

タブ・アプリの切り替えがいらない

Udemyやドットインストール などの動画サービスを使うと、ブラウザとテキストエディタを往復しながらの勉強になります。

やってみるとわかりますが、これってけっこう煩わしいです。

本ならPCの横に開いて置いておけば、テキストエディタを開きっぱなしでOKですね。

オフラインでも勉強できる

Udemyやドットインストールなどの動画サービスは、インターネット上に動画があるのでインターネットに繋いでないと見ることができません。
Udemyなら講座のダウンロードが可能なのでオフラインでも閲覧できます

本ならインターネットを繋がずに勉強ができるので、電車やバスなどの移動中でもインプットできるのが良いですね。

あとはブルーライトで目が痛くならないのも嬉しいポイントです。

言語別おすすめの技術書(完全初心者向け)

たくさんある技術書の中から、IT分野で初心者におすすめの技術書をいくつか紹介します。

スラスラわかるHTML&CSSのきほん



Ruby on Rails 5 超入門



絶対に挫折しないiPhoneアプリ開発「超」入門



作って楽しむプログラミング Androidアプリ超入門



Unityの教科書 Unity2019完全対応版 2D&3Dスマートフォンゲーム入門講座



アリスとボブのGit入門レッスン



独学プログラミング勉強法その3〜ドットインストール〜

ドットインストール のトップページ

次に紹介するのは、無料で動画学習できる「ドットインストール」です。

ドットインストールの特徴

「3分動画でマスターできるプログラミング学習サービス」というキャッチコピーの動画学習サービスです。

1つのテーマをいくつかの動画に切り分けて学習を進めていきます。

1つの動画が3分以内で終わる長さなので、飽きずに学習を進められます。

ドットインストールのメリット・デメリット

ドットインストール のメリットとデメリットを確認していきましょう。

ドットインストール のデメリット

  • 講師が早口
  • 質問の制限がある

順に見ていきましょう。

講師が早口

動画は講師の先生が解説しながらコードを書いていくのですが、3分に収めるためかとても早口です。

また、タイピングも早いのでいちいち動画を止めながらじゃないと写経が追いつきません

有料会員(月額1,080円)になれば、動画の再生スピードを調整することができます。

質問の制限がある

動画の中で分からなかった箇所を講師に質問できるのですが、まず無料会員は質問ができません

また、有料会員になっても1ヶ月に5回までという上限があります。

同じ動画教材のUdemyは質問無制限なので、利便性に差がありますね。

ドットインストール のメリット

  • 動画で学習できる
  • 1動画が短いので途中で飽きない

順に見ていきましょう。

動画で学習できる

Udemyのメリットで紹介したので繰り返しになります。

技術書だと途中のコードが省略されていたり、ツールの説明が省略されていたりで初心者に優しくありません。

その点動画では

  • 使用しているツール・アプリ
  • コードの書き方
  • 実際の動作確認

を動きとして確認できますし、必要に応じてスロー再生(有料会員のみ)や一時停止ができるので、開発の一連の流れが掴みやすいです。

1動画が短いので途中で飽きない

1つの動画の長さが3分以内ととても短いので、テンポよく学習を進めることができます。

動画が長いと途中で飽きて集中が途切れてしまいがちです。

その点ドットインストールは3分毎に終わりが見えて、達成度がどんどん積み上がって行くのでどんどん学習が進みます。


よし!1つ終わり!次いこう!


気付いた時には1コース終わっていたなんてことがよくあります。

おすすめの無料講座

たくさんある動画の中から、初心者におすすめの無料動画をいくつか紹介します。
※ドットインストール内の講座に飛びます

上記リストの講座は全て無料ですので、試しにやってみてくださいね。

プログラミングを独学で学ぶメリット・デメリット

河原の石を積み上げ

プログラミングスキルを身につけるまでの道のりは様々で、一番手っ取り早く始められるのが独学での勉強です。

独学のメリットとデメリットを見ていきましょう。

独学のデメリット

  • 問題の解決に時間がかかる
  • 挫折しやすい

順に見ていきましょう。

問題の解決に時間がかかる

未経験からプログラミングを始めると、開発環境構築や文法エラーなどでよくつまづきます。

オンラインスクールや会社でつまづいた場合は、講師や先輩が助けてくれます。

しかし、独学だと1人なので自分で検索して問題を解決しなければなりません

挫折しやすい

独学では周りに頼る人がいないので、解決できないエラーにぶち当たるとどうしようもなくなってしまいます。

いくら調べてもエラーが解消できないとやる気がなくなってしまいますよね。

だんだんプログラミングが嫌になっていって挫折してしまうのです。

独学のメリット

  • 費用が安く済む
  • 自分のペースで学習できる
  • 1人で問題解決する力がつく

順に見ていきましょう。

費用が安く済む

オンラインスクールは数十万円とかかりますが、独学ならかかっても数千円、無料でも勉強できます。

  • 技術書・参考書(数千円)
  • Udemyでの動画教材(セール時に買えば数千円)
  • ドットインストール (有料でも月額1,080円)

また、Googleで検索すれば必要な情報が出てきます。

自分のペースで学習できる

プログラミングの勉強に充てられる時間は人によって異なっていますので、自分の予定に合わせて勉強できます。

  • 通勤中に技術書を読む
  • 昼休みに動画を閲覧
  • 休日にじっくり開発

というようにスキマ時間を有効に活用できますね。

1人で問題解決する力がつく

周りに頼る人がいないので、エラーがあったら一生懸命調べます。

Google検索をしまくって問題解決をしていくと、自然と問題解決する力がついていきます

こういった作業は1つの言語だけでなく他の言語にも活かせる力なので、身につけておけば一生使えるスキルになります。

独学でプログラミング技術は身につく?

プログラミングの画面

はっきり言って身につきます。

ですがその道のりは険しく、簡単ではありません。

まずは正しい独学の仕方をインプットして取り組みましょう。

独学でのプログラミング勉強につまづいたら

やっちまった男性


初心者

だめだ、どうやってもエラー解決できない…


独学でプログラミングを勉強していて挫折しそうになったら、オンラインプログラミングスクールを受講してみましょう。

お金は独学よりもかかりますが、サポートと教材がしっかりしているので挫折しにくいです。

さらに、転職保証のついたスクールもありますので、受講料はweb業界に転職して返すということもできますよ。

無料相談・体験を行っているスクールがたくさんあるので、まずは相談してみてはいかがですか?

独学プログラミング勉強法のまとめ

END 終わり

独学でプログラミングを身につけることは可能です。

具体的な勉強法は以下の2通りです。

  • Udemyやドットインストール などの動画教材
  • 技術書・参考書の写経

ただ、独学では周りに頼る人がいないので挫折しやすいという面があります。

どうしても分からなくてプログラミングをやめたくなったら、オンラインスクールで無料相談してみるといいですよ。

将来自分のなりたい姿を想像して、モチベーションを維持しながら、プログラミングスキルを身につけてくださいね。

-プログラミング

Copyright© つげコード , 2020 All Rights Reserved.