プログラミングスクール

ポテパンキャンプの口コミ・評判は?【難しいけど就職先が優良】

初心者
ポテパンキャンプってどんなスクールでなんだろう?

また、評判や口コミってどうなんだろう?

こんな悩みにお答えします。

記事の信頼性

当サイトの管理者「つげお」は、プログラミング未経験からWeb業界でプログラマー(Ruby on Rails)として6年勤務しています。

ポテパンキャンプスクールは自社開発企業への転職に特化したプログラミングスクールです。

現場で即戦力として活躍できるエンジニアに育てるために学習カリキュラム考えられています。

この記事では、ポテパンキャンプのリアルな評判や特徴、メリット・デメリットについてわかりやすくお伝えしていきます。

プログラミングスクール選びの参考にしてみてください。

ポテパンキャンプのSNS上の口コミ・評判

実際のSNS上での口コミ・評価についてまとめました。

ポテパンキャンプの悪い評判

悪い評判としては、カリキュラムの難易度の高さに関するレビューが目立ちます。

他のプログラミングスクールより、深いところまで学習するポテパンキャンプであるため、必然的な評価かもしれません。

しかし、それが他のプログラミングスクールとの差別化につながり、現場で即戦力として活躍できるスキルを身につけることができます。

事前に予習をしてから、受講した方が効果的な学習ができるでしょう。

ポテパンキャンプの良い評判

良い評判として、転職活動成功のツイートが多かったです。

また、メンターに対する高評価もありました。

メンターの質も高く、エンジニア転職に強いプログラミングスクールと言えるでしょう。

ポテパンキャンプの6つの特徴

詳しく見ていきましょう。

効率的に実践力を身につけることができるカリキュラム

ポテパンキャンプでは、実践力を身につけるために効率的に学習できるカリキュラムが用意されています。

これまで約1000回もの改良を重ね未経験の方でも自主的に学習を進められるように工夫されています。

現場ですぐに活躍できるスキルを身につけることを目的としているため、内容は実践的でカリキュラムの難易度は高めに設定されているのです。

メンターは現役エンジニア

メンターは全て現役エンジニアです。

丁寧なレビューによりプログラミングに関する知識やスキルを習得できるでしょう。

また現役エンジニアに質問をすることでコミュニケーションスキルも身につけることができます。

エンジニアとして働き出してから初めのうちは、先輩エンジニアから指導してもらうことになります。

実際に現場で活躍するために必要なスキルだけでなく、コミュニケーションスキルも身につけることができるでしょう。

安心の質問サポート

10:00〜23:00まで専用の質問サイトにて、わからないことをチャットにて質問することができます。

現役エンジニアによる丁寧な回答やレビューを受けることができます。

また週1回ビデオチャットによる進捗の確認や悩みを相談する機会があります。

受講生限定のコミュニティ

コミュニケーションツールの「Slack」を使用して、受講生同士でつながることができます。

また、スクールの卒業生が主催する勉強会やイベントに参加することで、転職後の体験談やアドバイスを聞くこともできます。

オンライン学習では、最後までモチベーションを維持していくことが難しいため、このような受講生同士やスクール卒業生とのつながりがあることにより、高いモチベーションで学習を継続することができるでしょう。

自社開発企業への転職に強い

ポテパンキャンプでは、100社もの自社開発企業との提携しており、転職成功者(29歳以下)において、自社開発企業への転職成功率は100%となっています。

自社開発企業とは、企業内においてシステムの企画から開発、公開まで一通りに行うところです。

メリットとしては、企画から公開までの過程を経験できるため、エンジニアとして深い知識やスキルを身につけることができ成長につながります。

この実績からもポテパンキャンプは、自社開発企業への転職に強いと言えるでしょう。

受講料が安価

受講料は、他のプログラミングスクールに比べると安価となっており、一括払いの場合44万円(税込)です。

他社の転職サポートありのプログラミングスクールとの違いを比較してもその差は歴然です。

スクール名受講料(税込)
テックキャンプ657,800円
DMM WEB CAMP690,800円
DIVE INTO CODE647,800円
ポテパンキャンプ44,0000円

ポテパンキャンプの2つのデメリット

デメリットについて2つご紹介します。

質問の答えは「ヒント形式」

わからないところがあると、メンターに質問することができます。

しかし、質問に対する回答は、すぐ答えを教えてくれるのではなく、ヒントを与えてくれます。

そのため、そのヒントをもとに自分で調べたり、解決策を考えていく自走力が必要となるでしょう。

自走力は、実際に仕事をし始めるととても重要になる能力です。

初めのうちは厳しいと感じるかもしれませんが、あえてこのような質問対応とすることで自走力を(=自分で考え、行動する力)身につけることができます。

学習に対する自己管理が必要

学習の進捗管理は基本的に自分で行うことになります。

その為、自分で学習の計画を立て、わからないことは積極的に質問する姿勢が大切になります。

積極的な姿勢で臨まないとわからないことが解決されず、学習を進めることが難しくなってしまうでしょう。

この状況が続くとモチベーションが低下し、挫折してしまう可能性もあります。

自己管理をしっかり行い、高いモチベーションでカリキュラムをこなしていきましょう。

ポテパンキャンプの4つのメリット

メリットについて4つご紹介します。

自社開発企業に就職することができる

ポテパンキャンプでは、自社開発企業への転職に特化したスクールとなっています。

その理由は、100社以上もの自社開発企業との提携があり、手厚い転職サポートが受けられるからです。

転職サポートでは、提携企業の中からあなたに合った企業を提案や履歴書・ポートフォリオ作成の指導、面談対策などを受けることができます。

また専属のキャリアサポートカウンセラーがついてくれるため、転職に対する不安や悩みを相談しながら一緒にエンジニア転職を目指すことができます。

実践力が身につく

カリキュラムをこなすことにより、実際の現場でも通用する実践力が身につきます。

ポテパンキャンプのカリキュラムでは、半分以上が実際に手を動かし課題を解いていく実践形式となっています。

課題をこなし、現役エンジニアによる徹底的なコードレビューを受けることができるのです。

現役のエンジニアによるコードレビューを受けることにより、実際の現場で仕事をしている感覚に近い体験ができ、実践力を身につけることができます。

また質問に対してはヒント形式での回答となるため、嫌でも自分で考えることになり、自然と自走力が身につくでしょう。

現場が求めるエンジニアは、まさに実践力や自走力のあるエンジニアであり、それらを身につけることができます。

ライフスタイルに合わせて学習ができる

完全オンラインで、専用カリキュラムに沿って自分のペースで課題をこなしていく学習スタイルのため、自由な時間に学習することができるのです。

学習期間と時間は、5ヶ月間で1日平均2〜3時間(週10〜15時間)を推奨しており、働きながらでも学習に取り組むことができることが特徴です。

学習を進めていく中でわからないことがあれば、10:00〜23:00まで専用の質問サイトから質問をすることができ、質問に対する回答は、1〜2時間程度でもらうことができます。

例えば、仕事前に専用サイトから質問しておけば、仕事中に回答がもらえ、就業後にその回答をもとに学習することができるでしょう。

受講生の中には、仕事をしながらの人や子育てしながらの人などさまざまな受講生がおり、その人にライフスタイルに合わせて学習することができます。

「全額返金保証」があり、安心して学ぶことができる

29歳以下の受講生は、万が一エンジニア転職に失敗してしまった場合でも受講料の全額が返金されるため、安心して受講することができます。

返金保証があるということは、それだけ自社のカリキュラム・転職サポートに自信がある証拠でしょう。

ポテパンキャンプで学べる言語・コース

学べる言語は、Ruby・Ruby on Railsがメインとなっており、その他の基礎学習として、HTML・CSS・JavaScriptも学ぶことができます。

Rubyは、日本人のまつもとひろゆき氏が開発した言語で、コードの記述量が少なく、日本語でのサイトや書籍も多く出回っている為、プログラミング初学者にとってはおすすめの言語です。

また、汎用性も高く、多くのシステム開発企業で取り扱っている言語の一つと言えるでしょう。

コースは、2022年8月現在で「Railsキャリアコース」のみとなっています。

Railsキャリアコースは、未経験から即戦力して活躍できるエンジニアを目指すコースです。

Rubyの基礎から応用を実際のアプリケーション作成を通して実践的に学ぶことができます。

ポテパンキャンプの料金

受講料は、一括、または分割での支払いが可能です。

支払い方法は、ローン/クレジットカード/銀行振込の中から選ぶことができます。

各支払い回数ごとにの料金を下記の表のまとめました。(全て税込)

支払い回数初月払い2回目以降総額
36回17,212円13,900円503,712円
24回20,116円20,100円482,416円
12回39,336円38,400円461,736円
6回75,616円75,200円451,616円
3回149,000円148,800円446,600円
一括払い440,000円440,000円

ポテパンキャンプのよくある質問

ポテパンキャンプに関するよくある質問についてまとめました。

初心者でも大丈夫ですか?

初心者でも受講可能です。

効率的に学習を進めるためには、ある程度基礎知識があると良いです。

無料のプログラミング学習サイトやポテパンキャンプのYouTube動画を参考にある程度プログラミングの基礎について予習しておくことにより、効率的に学習を進めることができるでしょう。

MacPCを持っていない場合、レンタルは可能ですか?

PCのレンタルは行っていません。

受講の際は、Mac PC(メモリ8GB以上)が必要です。

ポテパンキャンプと提携しているレンタル業者はないため、MacPCを持っていない場合、購入するか、下記のようなレンタル業者よりレンタルすることになります。

PCレンタル:モノカリ

年齢制限や受講に関する制限はありますか?

年齢制限はありません。

本気でエンジニア転職を望む方なら受講可能です。

教育訓練給付金制度は使えますか?

ポテパンキャンプに関しては、教育給付金制度の対象にはなっておりません。

受講するためにはどうすれば良いですか?

まずは、無料カウンセリングを受けてください。

無料カウンセリング後に届くメールの案内に沿って、正式に受講申し込みをすることができます。

ポテパンキャンプの評判・口コミまとめ

ポテパンキャンプは、自社開発企業への転職に特化したプログラミングスクールです。

徹底的に実際の現場での仕事を想定したカリキュラムや教育体制により、エンジニアとしての自走力を身につけ、即戦力として活躍できるエンジニアの育成に努めています。

その反面、学習内容は他のプログラミングスクールに比べると学習量や難易度は高めとなっています。

しかし、そこが転職する際、他のプログラミングスクールとの差別化となり、「強み」となります。

受講料も他と比べると安価で、29歳以下の場合は、受講料の全額返金保証があることも安心できますよね。

デメリットとして自己管理、主体的な学習態度が必要となりますが、即戦力として活躍できるエンジニアを目指すあなたにとってはとてもメリットの大きいプログラミングスクールではないでしょうか。

この記事を参考にプログラミングスクール選びの参考にしていただけたら幸いです。

プログラミングスクールランキング

現役のwebエンジニアが選ぶ、オンラインで学べるプログラミングスクールのおすすめランキングです。

DMM WEBCAMP

DMM WEBCAMPは厚生労働省・経済産業省からの認可を受けているプログラミングスクールです。
転職紹介先の離職率が1%と、ホワイト企業とのコネがたくさんあるのも魅力のひとつ。
万が一転職できなかった場合は全額返金もあるので、転職にかなり強いスクールとなっています。

TechAcademy(テックアカデミー)

TechAcademy(テックアカデミー)は豊富なコースと手厚い転職支援が特徴のスクールとです。
受講者はなんと30,000名以上、IT企業の研修プログラムとしても800社以上導入されています。
最近は副業コースも新設され、個人で稼ぎたい人にもおすすめのスクールです。

CodeCamp(コードキャンプ)

CodeCamp(コードキャンプ)は、現役エンジニアによるマンツーマン形式での質の高い講義が特徴のスクールです。
受講者はなんと30,000名以上、IT企業の研修プログラムとしても300社以上に導入されています。
オンラインなので自宅にいながらプログラミング学習できますよ。

-プログラミングスクール